Tweet
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 法律家が主体となる新しいタイプのビジネスが流行っとるようであります。



 過払い金返還ビジネスに次ぐ、残業代請求ビジネス!



 これは、時効消滅していない二年分の賃金債権を法律家の先生が会社相手に取り立ててくれるというビジネス!学生時代に労働法の講義を受けているときなんとなーく将来こういったビジネスが儲かるのではと思ってましたが、本当にやってしまう人達がいたとは驚きです!



 このビジネスのすごいところは、過払い金返還と異なり、ほとんどの人が対象となる点だと思う。日本には巨大なビジネスチャンスが転がっているといったイメージでしょうか。



 そもそも、残業の割り増し賃金はおろか賃金を全く払わないタダ働きさせているという悪質なケースが多いようであります。残業代不払いは罰則規定がありますから犯罪と言う事になりますね。つまり、サービス残業をさせている会社は、犯罪行為を行って金儲けをしていると言う事ですね((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル 



 金を借りても返さないとか、モノを買ってもお金を払わないと言う様な単なる債務不履行よりもよっぽど悪質だと言う事になりますね。




 もし、従業員が一斉にこの請求をしたら、会社経営を揺るがす事態になりかねませんね。でも、これって自業自得なんじゃないでしょうかw。人をドレイの如くタダ働きさせて金儲けをしている訳ですからね。




 とにかく、この新しいビジネスの出現によって日本の労働環境は激変すると思いました。時代がすごいスピードで変化していると言う事を実感しましたよ。



 会長が都知事選挙に出馬する居酒屋チェーンなんかは大打撃を受けそうですね。



 あと、今後は不法行為の損害賠償請求代行ビジネスなんてのも流行りそう(笑)。例えば、ネットで著作権侵害されている人の代わりに損害賠償金を取り立てるビジネスとか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gmiyaka4.blog33.fc2.com/tb.php/827-5e989528
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。