Tweet
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.15 大阪へ
 八月二十四日
 いつもと同じように八時頃起床する。しかし、今日はいつもとは違う日だ。なぜなら、今日から旅に出るからである。上海からバンコクまで陸路で行く。これが、中国ビザを取得することができなかった俺の考えだしたプランだった。とりあえず、軽く食事を済まし、最後の準備にとりかかる。そして、部屋の中をわざと散らかしておいた。部屋の中を散らかす、という行為には、重大な意味がある。部屋を整理するためには生きてかえってこなければならないから、無事に旅を終えることができる様になるらしいのだ。かの有名な、「さくら剛」の旅行記にもそんなことが書いてあった。そして、最後の仕上げには、家族に見られてまずいものを、絶対にわからないところに隠す。家族による部屋のガサ入れがあったら困るからだ。ちなみに、何が、まずい物かは言えません(笑)。
 家を出る。ケータイは持って行かない。ケータイのある旅なんて面白くも何ともないと思ったからだ。旅は、日常から離れるためにする行為であって、ケータイという日常をポケットに入れていては、旅の面白さは台無しになると考えたからだ。それに、海外では俺のケータイは使えないし、無くしちゃったら困るからね。
 九時、名古屋駅に到着。実は、Yが大阪まで一緒に行ってくれるみたいなのだ。旅は、道連れ世は情け、ラッキー。Yは既に大阪行きの新幹線の切符をゲットしていた。俺もエスカのエスカレーターを歩きながら下り、伊神切手の自販機で切符を買う。五千円くらいだ、安かった。近鉄特急ならもっと安いが、Yと離ればなれになってしまう。
 久しぶりの新幹線は、無茶苦茶快適だった。日本は、やっぱすげー国だ。1時間位で、大阪に着いちゃった。早すぎる。大阪に来るのは、初めてです。初めて来て、かなり都会だなーと感じた。じつは、名古屋の方が栄えてると勘違いしてたので、びっくりしたよ。
 んで、Yの妹と合流した。Yの妹は、プードルと一緒にやって来た。犬と一緒に入れる喫茶店に行く。Yの妹と別れて難波に行ってたこ焼きを食べた。





 今日のホテルは、弁天町にある大阪一夜景が綺麗なホテル。今回の旅では、一番良かったホテルだった。部屋の窓からは、明後日フェリーに乗る場所が見える。今のこの気持ち何とも言えない。胸が締め付けられるような感じ、わくわくと不安をまぜまぜして、胸に空いた穴に風と一緒に流すと行った感じか(わかりにくい)。とにかく、明後日はもう日本を離れるのだ。
 晩飯は、ホテルの近くにある居酒屋みたいなところで、酒を飲みつつ食べました。ほどよく酔っぱらったところで、ホテルに戻りテレビをつける。北京オリンピックの閉会式がやっていた。閉会式を見ながら、中国での旅に期待を膨らませつつ爆睡。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gmiyaka4.blog33.fc2.com/tb.php/66-869d7024
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。