Tweet
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07.23
 今日は、顔面に大きな腫瘍がある女性を見ました。



 多分、柳美里さんの「石に泳ぐ魚」の主人公の親友と同じ病気だと思う。



 彼女は今までの人生、その腫瘍のおかげで、有形無形の差別、偏見を受け続けてきたと思う。そして、それはこれからもずっと続くと思う。



 でも、自分自身は気にしてないように振る舞う彼女を見て胸をうたれた。


 
 俺に出来ること?



 彼女の幸せを神(特定の神じゃないよ)に祈ること。



 あと、自分自身は、絶対に人を差別したりしない事。



 なんてちっぽけな自分。



 でも、差別、偏見で苦しんでいる人がいたらなんとかしてあげたいと思います(力になれることがあれば)。



 「偽善者の三宅が!」と思われる方もいるかと思います。



 でも、お願いだから、この文読んだ人は人を差別しないでください。

石に泳ぐ魚 (新潮文庫)石に泳ぐ魚 (新潮文庫)
(2005/09)
柳 美里

商品詳細を見る




 多分、えぐい描写はカットされてます。



 裁判沙汰にもなった超問題作です。買って読む価値は無いので気になる方は図書館でどうぞ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gmiyaka4.blog33.fc2.com/tb.php/530-e523b631
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。