Tweet
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.09 ハロン湾
 九月四日

 この日は、世界遺産のハロン湾ツアーに参加する日だった。当初は、上海からバンコクまで一気に駆け抜ける予定だったのだが、ちょこっと位は観光らしい観光をしようと思い、ツアーを申し込んだのだ。

 朝早くツアーバスがホテルまで迎えにくる。ちょうど、キノシタさんとラウンジで朝食をとっていた俺は、ツアーガイドにせかされながらホテルレッドリバーを後にした。キノシタさんは参加しないので、しばしのお別れだ。「明日の夜、また会いましょう!」なんて言ってさよならしたよ。ちょっぴり心細い。。。

 ツアーバスは、次々と外人をピックアップしていく。日本人は俺だけ、英語を話せないのは俺だけだった。疎外感を感じつつどきどきしていたその時、日本人の顔をした若い男女二人組が乗り込んできた。日本語で挨拶するが、「?」って顔をしている。そうか、中国人か。でも、アジア系は俺とこの二人組だけ。後はほとんど欧米人。自然に彼らと行動を供にするようになった。

 男の方はショーン君、女の方はウビーちゃん。二人は、兄弟である。香港から来た彼らは、カンボジアを旅行してきてそのついでにベトナムに来るんだって。二人はどう見ても夫婦だった。

 バスの中ではウビーちゃんがやたらベタベタ触ってくる。旦那さん怒らないのかな?と思っていたけど、二人は実は兄弟だったみたいだ。似てないから解んないよ!

 バスの中でガイドが英語で冗談を言うと、皆はどっと笑い出す。俺は、全く内容が解らなかったけど、皆に合わせて「だはははははは!」と笑っていた。皆、俺が英語を理解出来ない事を知っているのに(涙)。。。この疎外感は辛かったです!



[広告] VPS


 バスは、こんな感じで爆走しています。運転がとってもあぶない。追い越しは当たり前なのだ。対向車線の車も追い越ししまくっているから、追い越しの車同士が衝突しそうになったりする。バスの中では、欧米人が「オーウ。」とか、「オーマイガー。」とか言っていた(笑)。カラコルムハイウェーのバス並みに危ないっすよこれは。

 ハロン湾は、ユネスコの世界遺産に登録されています。世界遺産のある場所らしくあらゆるお土産を売るお店がそこら中にありました。ベトナム商人はボッタクリ率百パーセントなので絶対に買うつもりはありませんでしたけどね。中には、俺らが泊まる船まで小型のボートでやってくるたくましいおばさんもいましたよ!たくましすぎるぜ。ウソの値段を言っておいて後で事後請求してマジ切れしてくるとことかね。日本人には真似出来ない力技でした。

 ハロン湾に到着したら船で島に行ったり、洞窟を見に行ったりしました。一番良かったのは、シーカヤックでラグーン行った事。二人組になってシーカヤックを漕いで行くんです。ラグーンはまさに秘境といった感じでした。ナウシカの冒頭の腐海のシーンを見ているときの様な不思議な感じです。静寂に包まれた秘密の場所でしたよ。

 ラグーンから船に戻り、晩ご飯を食べて船の上で星を見ます これまた、人工的なものがほとんどないハロン湾での星空は最高でした!満点の星空の中、ベトナムビールでほろ酔いになり船で静かな時を過ごす。静かでいて贅沢な時間でした。

 そして、その日は船で一泊します。部屋は相部屋で、ルームメイトのオーストラリア人のおじいちゃんは生命維持装置みたいな機械を付けて寝てました。大丈夫かなこの人。謎の老人に「グンナイ!」と言っておれは眠りの世界に突入して行ったのであった。



DSC00633_convert_20101009122203.jpg


 香港の兄弟。ハロン湾の夕暮れ時に撮影。

 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gmiyaka4.blog33.fc2.com/tb.php/508-283e66fd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。