Tweet
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.07 上海上陸作戦
 八月二十八日

 今日こそ日曜。ではなくって、今日こそ上海に上陸する日である。夢にまで見た上海。

 今日も、まずい朝飯を食べる。これは、極限修行か?とか思ったりする。トーマスは、相変わらず、米に醤油をたっぷりかけて食べていた。

 ああ。もうすぐ、中国に着いてしまうんだな。船で仲良くなった皆ともお別れだ。泣きたくなるほど寂しいけど、しょうがない。そうだ、皆で記念撮影しよう。もう絶対にそろわないメンバーでの記念撮影。留学生ショーン君が、小娘に撮影を依頼。


IMG_0306_convert_20090607053343.jpg

 

 船は、中国領海に突入したみたいだ。海の水が一気に汚くなる。そして、大気汚染の影響か、空気が無茶苦茶汚い。目と頭が痛くなってくる。これが、近年、著しい経済発展を遂げている中国の実態なのか。中国で、生活している人の健康状態は、大丈夫なのか。
 ショーン君も、「中国にいると頭が痛くなってくるんですよね。」と言う。

 上海に、到着するまでは、それぞれの国のパスポートを見せあっこしたり、早口の中国語でまくしたてるニュースを見たりして過ごした。一緒に居られるのは、後少し、一秒一秒が、貴重な時間に思えてくる。
 



DSC00581_convert_20090607054213.jpg


 上海に到着したみたいだ。これが、有名な東方名珠塔だ。夜になると、ライトアップされて、とても綺麗。

 いくぜ。船を降りて、イミグレーションまで行く。中国は、オリンピックがあったので、テロを警戒しているみたいだ。荷物を、特殊なベルトコンベアーでチェック。
 入国管理官は、意外にもいい人だった。「おねがいします!」って言ってパスポートを差し出したら、タイ人みたいなスマイルで「ようこそ中国へ!!!」って言ってくれたんだ。自国に対する誇りと自信が垣間見れる。

 ついに、入国しました!!!!!!!!軽いパニックみたいな感じになる。今までにない感覚だ。
 フェリー乗り場出て、トーマスと留学生ミホちゃんと一緒に大名路を歩き出す。そしたらすぐに。

 ミホちゃん「私たちバスに乗るから。」


 おれ「がーん!」


 心細いよ!!!!!!!!!歩いて行きゃいいじゃんか。でも、どうせ後でバイバイするんだからしゃーねー。

 おれ「ばいばーい。」


 ミホちゃん「がんばってね!」


 トーマス「you are good men!」


 これが、今生の別になる蓋然性は極めて高いのだが、意外にもあっけない別れに自分で驚く。
 なお、ミホちゃんが、「がんばってね!」と言ったのは、俺が海外経験がなく、かつヘタレでビビリであることを見透かしていたからだと思われる(涙)。はいはい、あなたは、すごい人ですよ。ネパールに住んでいた話とか、北朝鮮に行った話を聞いたらただ者じゃないって解るからね。しかも、英語と中国語がぺらぺら。尊敬します!四川のボランティアと北京大学の留学、どちらもうまくいってるといいね。


 行ってやるぜ!!!どこまでも。


 とりえず、今日のミッション

 1 上海南駅にあるホテルを予約しているのでそこを探す。

 2 昆明行きの火車票を買う。
 
 たった二つのミッション。楽勝だぜ。



 地下鉄に乗るため、人民公園まで歩いて行くが、迷いまくる。地図と、実際の道は微妙に違っていた。と、そしたら、イタリア人を発見。記念写真で左から二番目の人物がイタリア人。やった。途中まで一緒に行こうぜ。
 こうして、枢軸コンビは人民公園に向かって歩いて行く。でもかなり迷う。イタリア人は、道ですれ違う人に対して片っ端から道を聞きまくっている(笑)。
 俺は、中国人の成人男性が怖いので、なるべく若い女性に道を聞いた(ヘタレやね)。
 そしたら、


 小娘「あんた、日本人でしょ!人民公園まで一緒に行ってもいいよ。」



 おれとイタリア人「ラッキー。」


 やったぜ、地元の人と一緒なら後は楽勝だ。この娘さんは、とてもいい人で、俺とイタリア人に肉まんをおごってくれた。中国人に対する好感度アップ。

 しばらくして、娘さんと別れる。地下鉄駅はもうすぐだ。そんとき、運命の出会いがあった。


 つづく
 
 

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gmiyaka4.blog33.fc2.com/tb.php/104-4fd81f51
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。